哺乳瓶 デメリット

MENU

哺乳瓶 デメリット

哺乳瓶選びはママの不安を解決するものを

 

哺乳瓶に対するイメージがあまり良くないママもいると思います。

 

でも最近の哺乳瓶は昔よりもかなり進化しています!

 

哺乳瓶

 

体験談

 

子どもが産まれ育児がスタート!

 

わたしが初めに行き詰まったのは母乳のこと…

 

イメージでは幸せな気持ちで母乳を与えられるはずだったのに、乳首は激痛で母乳はなかなか出なくて…

 

すごく落ち込みました。

 

こんなことで落ち込んでちゃダメだ!と哺乳瓶に力を借りることにしました。

 

先輩ママなどから…

 

哺乳瓶はおっぱいより飲みやすいからおっぱいを飲んでくれなくなったとか…

 

哺乳瓶は歯や口の周りの発達に…

 

なんて話を聞いたことがあったため哺乳瓶を使うことにはじめ抵抗がありました。

 

なのでまた先輩ママに相談してみることに…

 

すると

 

今は色んな種類の哺乳瓶があっておっぱいに近いつくりになっているからそんな心配はないよ!

 

とおすすめの哺乳瓶を教えてくれました!

 

自分が悩んでいたことも解決してくれるいい哺乳瓶に出会えたので、母乳にこだわらず、哺乳瓶の力を借りて楽しく育児ができて嬉しいです!

 

 

哺乳瓶は悪くない!

 

東京医学者から小児科医向けに発行されている医学雑誌に、「小児内科」というものがあります。

 

その「小児内科」では、2010年10月に特集で「特集 母乳育児のすべて」という特集がありました。

 

その特集でも、哺乳瓶による授乳の弊害についての記事はありません。

 

哺乳瓶

 

さらに、日本ラクテーション・コンサルタントの「母乳育児支援スタンダード」でも、「乳頭混乱」以外には、哺乳瓶による弊害があると示すような記載は一切ありません。

 

哺乳瓶を使うことは悪くないということがわかります。

 

哺乳瓶が悪くない理由

 

哺乳瓶は母乳よりも楽に飲めると言われていたり、歯や顎の発達に影響があると言われていますが、母乳ではなく哺乳瓶を選択することは悪いことではありません。

 

■哺乳瓶が楽に飲めるわけではない

 

赤ちゃんがおっぱいではなく、哺乳瓶に慣れてしまうのは、哺乳瓶が楽に飲めるからと言われることがありますが、必ずしもそうではありません。

 

生まれてすぐの新生児は、哺乳瓶をくわえさせても口先をすぼめてくちゅくちゅして五分間くらいは、なかなかミルクをうまく飲まないそうです。

 

でもそのうちゲフッとして少しいきんでみたりモゾモゾしたりしはじめると、大きく口を開け大きな顎の動きをしてうまく飲みはじめます。

 

哺乳瓶

 

これはおっぱいでも哺乳瓶でも同じそうです。

 

この行動は「胃結腸反射」というそうで、大人も赤ちゃんも胃の中に何かが入ると、腸蠕動を起こします。

 

まだ胃や腸が発達段階にある赤ちゃんが、おっぱいや哺乳瓶をくわえてくちゅくちゅしているのは、おっぱいが嫌だったり、母乳が嫌なのではなく、自分でこの腸蠕動が起こるのを待っていると考えられます。

 

これが1時間〜2時間かかるという赤ちゃんもいるそうです。

 

赤ちゃんは「楽に飲める」からという理由で哺乳瓶に慣れてしまうという訳ではなく哺乳瓶でも母乳を飲むときと同じような口の動きをしミルクの量などを調整しているのではないかという考え方もあります。

 

■歯並びや顎の発達に違いについて

 

母乳を飲む時は顎や口の周りの筋肉などをよく使いますが、哺乳瓶は簡単に吸うことができるため、顎の発達や歯並びに影響があるという考え方あります。

 

哺乳瓶

 

そのようなことはよく耳にしたりするので心配されるママもいますが、そこまで大きな違いはありません。

 

最近ではピジョンの母乳実感など母乳を飲む時と同じような口の動きをしなければ飲めないような作りになっている哺乳瓶が多いです。

 

過剰に心配する必要はなさそうです。

 

安心できる哺乳瓶選び

 

哺乳瓶を使うことに、心配があるママもいると思います。

 

そんなママの心配を解消してくれるように哺乳瓶選びをしましょう。

 

哺乳瓶

 

■母乳と同じように飲める哺乳瓶を選ぶ

 

哺乳瓶を使う上でママが心配することは、哺乳瓶に慣れて母乳を飲まなくなったらどうしよう…ということと、歯や口の発達のことだと思います。

 

できるだけ母乳と同じように飲める哺乳瓶を選ぶようにするとその不安も解決します!

 

●ピジョンの母乳実感

 

母乳を飲むのと同じような口の動きで飲める哺乳瓶なので、一番多い授乳の悩みである「乳頭混乱」を起こしにくいです。

 

柔らかさなどにもこだわりがあり、簡単には出てこないようになっているため、歯や口の周りの筋肉の発達も特に心配はなさそうです。

 

●NUK(ヌーク)

 

ヌークの乳首はとても変わった形をしていますが、これは、赤ちゃんの口の中にあるお母さんのちくびの形なんです。

 

柔らかく形を変えるNUKの乳首は赤ちゃんの舌や口元の運動を自然に促してくれます。

 

歯や口の周りの発達の心配はなさそうです。

 

ママの不安を解消してくれる哺乳瓶はたくさんあります!

 

慎重に選びましょう!